読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IRIZAKI備忘録

最初はレザークラフトをメインに書きます。

ハーフチョークの首輪作り

実家に帰省するための新幹線の中、暇なので更新!

 

実家で犬を飼っているのですが、好奇心旺盛ワガママ食いしん坊な性格のせいで、散歩の時ぐいぐい首輪を引っ張り、首回りの毛が薄くなってしまい、しばらく首輪禁止でハーネスを使用していました。

調べてみると切り毛にはハーフチョークの首輪が良いそうで、革で作ってみることにしました。

 

・完成形

 f:id:westaa:20170503080250j:image

 

 

 

1. 材料を揃える

ハーフチョークの首輪はその名の通りハーフのチョークが必要です。チョークは通販で購入しました。小型犬用が1000円くらい?錆びないようにステンレス製にしています。

 

・ハーフチョーク

f:id:westaa:20170503074401j:image

 

・設計
f:id:westaa:20170503081028j:image
汚いメモですが、うちの犬は頭周りが310mmあったので、以下の計算で長さを測っています。
310mm+30mm-85mm+40mm+40mm=335mm
※310は頭周り、30は頭を通すための余裕、85はハーフチョークの端から端まで、40は両端の折り返し部分

 

・革

f:id:westaa:20170503081019j:image

カービングに使用して余ったタンロー1.5mmを使用。

ハーフチョークの首輪は他と違ってその犬にピッタリの大きさにしなければならず、革の長さには気をつけました。

また、摩擦を軽減するため、貼り合わせて両面銀面にしています。

 

・イヌ(人の椅子に座ってリラックスしてあわよくば机についてるものを舐め取ろうとしている場面)

f:id:westaa:20170503081821j:image

f:id:westaa:20170503081725j:image

 

2. 縫い合わせ

今回は上の革の写真の状態から菱目を打って穴を開け、縫うだけです。縫うときに先にハーフチョークを通すことだけ注意。

 

・完成図

f:id:westaa:20170503083554j:imagef:id:westaa:20170503083608j:image

ついでに革のおもちゃも作りました。(水を含ませてひねってくくっただけ)

首輪には連絡先を書くものだと完成後に知って、住所、電話番号等を半田で焼き入れましたが、ガッタガタになってしまいました。こればっかりは縫う前に書かなきゃいけませんね…

 

 

 1月に作って丸々4ヶ月経って、主に噛んだせいでボロボロになってしまい、散歩で使用できずハーネスに戻ってしまっている様子。GW中に新しいものを作ってあげるつもりです。

f:id:westaa:20170503084134j:image

 

f:id:westaa:20170503084608j:image

そんなことを考えていると、旅の荷物が増えてしまって大荷物で移動中(><)