IRIZAKI備忘録

最初はレザークラフトをメインに書きます。

補聴器入れ(試作)

 お久しぶりです。

 

最近ちょくちょく再開してました。

今月頭くらいに久々にはてなブログにアクセスしてみると、思ってたより閲覧数があったようで驚きましたΣ(・□・;)

素直に嬉しかったです。何か得られるものがあればいいんですけど…

 

レザークラフトは細く長く続けて行くつもりなので、ブログもその度々マメに更新せねば…!

 

今回は祖母へのプレゼントということで、レザーで補聴器入れを作ります。

 

経緯

祖母は今年で86歳になります。随分前ですが、耳が遠くなってきたため補聴器を購入しました。購入はしたものの、普段は付けない方が楽らしく、外に出かけるときも付けたり付けなかったりしています。

年数回実家の方へ帰るたびに会いに行くんですが、家の中でもやはり、ほとんど付けてません(たまーーーーーに、一年に一回くらいは付けてる所を見る笑)

でも普段聞こえないのは危ないなと思い、付ける機会を増やしてもらうためにどうすればいいか考えました。そこで、もっと楽に身に付けることが出来れば、自然と付けることも多くなるんじゃないかと思い至り、首からさげる型の補聴器ケースを思案しました。

というのも、祖母は補聴器を持ち歩くときは鞄に入れ、使う時だけ出すということをしているそうです。普段からさげることができれば、出し入れの手間がなくなり、使おうと思った時にすぐ使えるかな、と。

そんなこんなで補聴器ケースを作ろうかと提案したところ、あれば便利ということで合致したため、作ってプレゼントすることが決定しました。^_^

 

 

ということで、早速デザインを考えます。

まず、今回のケースを作る対象はコレです。

f:id:westaa:20171027001048j:imagef:id:westaa:20171027001059j:imagef:id:westaa:20171027001114j:image

 縦70横40奥行き20mm

 

1. デザイン

今回の補聴器入れに必要な要素は3つと考えてました。

・首から下げられること

・イヤホンを通せること

・収納時、補聴器の電源ボタンが簡単に押されないこと

(今、布の入れ物を使っていますが、鞄の中で知らぬ間に電源ボタンが押され、いざ使う時に電池切れになっていた事がありました。)

 

あと欲を言えば、外で身につけてもらうために、奇抜すぎず、丁度いい大きさになるよう心掛けたいといったところでしょうか。

 

 

最終的に3つの案にまとまりました。

その1. ペンケース型

 f:id:westaa:20171027000632p:image

 

その2. スマホケース型

 f:id:westaa:20171027000657p:image

 

その3. メガネケース型

 f:id:westaa:20171027000718j:image

デザインは大抵電車の中でスマホに描くか、カフェや家でクロッキー帳に書き殴ってます。

 

 迷った挙句、自分の技量的に一番綺麗に作れそうなスマホケース型にしました。

 

デザインを考えたら、次はどんな順で作るか考えます。

 

 手順メモ

f:id:westaa:20171106233916j:image

(うーん、改めて見るととても汚い。。人に見せるものではない。。)

 

作る順によって菱目打ちやハトメ穴を開けることが物理的に難しくなることが多々ありましたので、先に考えるようにしています。

 

 

 

2. 型紙作り

デザインが決まったので、寸法を考えます。

カードを入れるデザインなので、カードが縦に入る、幅65mmのポケットを用意して、縦は入れたときに1センチは出るよう75mm用意して…ポケットの重なりは約10mm程度の間隔を開けて、合計3つ入るように…と紙に書いてるうちに、補聴器に対してケースが大きすぎる(赤字)問題に気づき、ポケットを1つに修正。

 

 型紙

f:id:westaa:20171106234632j:image 

 

今回は試作のため、ボタンで留める部分や内側の小さいパーツは適当で、作るときに考えます。

 

 

 

3. 切り出し & 4. 縫い合わせ

革を型紙通りに切って、縫い合わせていきます。

 

まず

①内側のポケットをつける

 f:id:westaa:20171106234655j:image

 

②全体を縫う前にマグネットホックをつける

③外革と内革をはり合わせる

f:id:westaa:20171106234706j:imagef:id:westaa:20171106234730j:image

 

④全周縫って、軽くコバ処理

f:id:westaa:20171106234833j:image

縫い合わせはかなり歪みました。

レザークラフトは3ヶ月以上してなかったので、真っ直ぐ穴を開ける事すら難しくなっていたのだった。。

 

⑤ベルト作成、内側の補聴器取付部作成

f:id:westaa:20171106234847j:image

 

⑥穴あけ

(ベルトと取付部を2つのカシメで固定)

f:id:westaa:20171106234901j:imagef:id:westaa:20171106234912j:imagef:id:westaa:20171106234925j:imagef:id:westaa:20171106234934j:image

ここまでで殆ど完成です。

 

5. 革紐付け

最後に革紐をつけます。

革紐をちゃんと括ることって初めてだったんですが、ググったらわかり易い解説がありました。

 

◾️参考

https://www.rys.co.jp/tangerine/howto_mt1

https://www.google.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/oharu-studio/entry-11918658719.html

 

くるくるした感じ好きです。

 f:id:westaa:20171027192005j:imagef:id:westaa:20171027192018j:imagef:id:westaa:20171027192031j:image

 

これにて試作品完成です!

 
◾️今回の材料
・革(外側):牛ヌメ2mm
・革(内側):牛ヌメ1mm
※その他細かいパーツは全て1mm革で作成
・革紐 :牛ヌメ製。細かい仕様わからず
・カシメ(金):大2コ、極小2コ
・ハトメ(金):1コ(5号の穴?)
・フック(金):1コ※縦に長いものをmkplusさんにて購入。500円くらい

 

 

 

 

実家に送って試してもらいました。

f:id:westaa:20171027180744j:imagef:id:westaa:20171027180749j:image

 

ん…?

何か違う気がする笑

 

 

 

結果

・イヤホンコードを収納する部分がほしい
・革紐部分はいらない

という事で、そもそも用途として、身に付ける事は想定していなかったようで、普通の収納ケースを想像してたようです。そのあたりまでちゃんと説明しとくべきだったかなぁ。

 

あと、個人的にカードが入る大きさは大きすぎました。カード入れが要らないのであれば一回り小さくできるかなと思います。(必要ない事を確認したので、次はカードポケットをイヤホン入れにする予定)

 

 

当初の目的はずれてしまいましたが、

次は一回り小さく、イヤホンコードを収納できるようにした改良タイプを作ろうと思います!

 

プレゼント用はルガトショルダー(赤)のレザーで作ります。さてどんな物になるか…

 

 

 

 

ーーーーーー

久々に書いたらめっちゃ時間かかりました。

レザークラフト自体も久々で、元々そんなでもなかった技術が余計に錆びてた感じがしました。。継続は力なりですね。

レザークラフトの技術は勿論ですが、どうせ書くなら見やすい&読みやすいものを書きたく、書く方の技術も磨きたいものですな( ˙灬˙ )