IRIZAKI備忘録

レザークラフト、造形、DIYとか創作メインで、工程を忘れないための備忘録として機能させたい。

メール型小物入れ ver2 (依頼製作!)

制作依頼を頂いて作成したものの紹介です。

なんと…メール型小物入れ!

完全に一人でデザインしたものだったので、ご依頼頂いた時にめちゃくちゃ嬉しかったです。(ありがとうございました!

 

 

型紙は前回と同じで、

材料と色味を変えたものを製作しました。

 

前回:http://westaa.hatenablog.com/entry/2017/04/27/234356 

 

変更点はメールで相談し、以下2点です。

・裏側は黒色系の色

・金具はシルバー系

 

 

メインとなるのは例のレザーf:id:westaa:20190618155503j:image

 


f:id:westaa:20190618155517j:image

透明感のある艶が良い…!

ベルギーのマズア社のルガトショルダーです。


f:id:westaa:20190618155625j:image

裏面にはイタリア製のデロルトというオイルレザーを選びました。

革屋さんで探した時に、マットで質感が好みだったものがこれでした。

オイルレザーなので艶はあるんですが、なんか上品な光の吸収具合というか、光の反射だったので大丈夫だろうと。

 

仕上がりはどうなるか…

 

ここからいつもどおり工程のメモです。

画像多めです。

 

◼️線引き
f:id:westaa:20190618155604j:image
f:id:westaa:20190618155451j:image

型紙に沿って、ダーツバレルの先で革に線を引きます。

(このままいくとずっとハードダーツのバレル使い続けそうなんですが、私以外にいるんでしょうか。。手に馴染んでしまった感が…)

 

◼️カット〜下処理

線どおりに切り抜き、コバ漉きをします。

f:id:westaa:20190618155554j:image
f:id:westaa:20190618155539j:image
f:id:westaa:20190618155442j:image
f:id:westaa:20190618155820j:image

貼り合わせた時に少しでも細くなるように、

手を抜かずにやります。

この時蝋燭にはまっていて、光源が蝋燭の画像が多いw

 

◼️表、裏の貼り合わせ

各パーツの表と裏の革をゴム糊で貼り合わせます。
f:id:westaa:20190618155808j:image
f:id:westaa:20190618155655j:image
f:id:westaa:20190618155734j:image
f:id:westaa:20190618155559j:image

 

◼️各パーツ仕上げ

後で取り付けにくい金具は先に取り付けておきます。
f:id:westaa:20190618155529j:image

各パーツ外周を残して、内側は先に縫いました。
f:id:westaa:20190618155544j:image
f:id:westaa:20190618155523j:image

 

◼️コバ処理

ヤスリ掛け→スピランによる染色→ふのり付け→磨きを繰り返します。

最後はロウを付けました。
f:id:westaa:20190618155758j:image
f:id:westaa:20190618155641j:image

裏の革が黒色だと、色を合わせやすいです。

 

 

 

◼️縫い合わせ

ぐるっと一周縫います!
f:id:westaa:20190618155839j:image
f:id:westaa:20190618155848j:image
f:id:westaa:20190618155824j:image
f:id:westaa:20190618155712j:image

デロルトは光を当てるとこれくらい反射します。


f:id:westaa:20190618155812j:image

 

◼️金具留め

上部金具を止めます。
f:id:westaa:20190618155455j:image
f:id:westaa:20190618155700j:image
f:id:westaa:20190618155536j:image
f:id:westaa:20190618155728j:image

f:id:westaa:20190618155549j:image

 

あとはコバ処理のみ!
f:id:westaa:20190618155843j:image

こうやって暖色系の光に照らすとキレイなんですよ・・・!

 

 

 

◼️コバ処理

各パーツを作る時と同じく、コバ処理していきます。
f:id:westaa:20190618155438j:image
f:id:westaa:20190618155834j:image
f:id:westaa:20190618155632j:image
f:id:westaa:20190618155830j:image

 

 

◼️完成!!

(愛でタイム)

夜に撮影
f:id:westaa:20190618155708j:image
f:id:westaa:20190618155651j:image
f:id:westaa:20190618155508j:image
f:id:westaa:20190618155512j:image
f:id:westaa:20190618155459j:image
f:id:westaa:20190618155738j:image
f:id:westaa:20190618155716j:image
f:id:westaa:20190618155447j:image
f:id:westaa:20190618155815j:image

 

◼️朝日で撮影
f:id:westaa:20190618155646j:image
f:id:westaa:20190618155748j:image
f:id:westaa:20190618155752j:image
f:id:westaa:20190618155615j:image
f:id:westaa:20190618155743j:image
良くできました!

 

 

 

完成を喜んだら、馬毛ブラシで手入れして、金属の指紋等拭いて梱包してお別れです。

新しい主人のもとでうまくやってくれ!頼んだ!

f:id:westaa:20190618160026j:image

f:id:westaa:20190618160029j:image

ラッピング用のリボン結びをはじめてやりました。うまくできているのか・・・??

 

 

f:id:westaa:20190618160034j:image

この時は2018の封蝋スタンプです。(スタンプは不出来だな・・)

 

 

こういう1から発想して作成したものは、普通に既存の他のものに比べると多分使いにくいんじゃないかと思うんですよね。用途が限られるとか。

それでも、自分で設計したものを欲しいと言われるのは、とてもうれしいです。

レザークラフトやっててよかったなと思いました。

 

必要に駆られて、割りと最初のほうから自分で型紙を用意して、寸法とか失敗しながらいろいろ作ってきたわけですが、自由に思ったものを設計して作れるようになってきたことは幅が広がってよかったと思っています。

まだコバ漉きとか、難しい形とか、立体的なものとか、苦手はものはたくさんあるんですけど・・・そこは技術を高めるしかないですね・・・

 

あと、人にプレゼントするとき思うことですが、

受け取った方がそれをしばらくは使うわけで、下手すると5年とか使うわけじゃないですか。そうすると人生の20分の1ですよ!?3年でも30分の1はありますし。

技術的な不安要素もいっぱいあり、作ったものの本当にこの出来でいいのか。と思うことがしばしばあります。その人に付き添うものを作れているのかと・・・

(親にはまぁ壊すつもりで使ってくれや(笑)って気持ちで作って渡すんですが(笑)

悩んでもしょうがないので、その時の技量をフルに発揮して、今時点で精いっぱい頑張ました!って思えるよう作成することで納得していますが、皆さんどう考えながら作ってるんでしょうか・・・気になります。

 

革については、革をなめす工程から学んで、工程で使われる素材を知って、その革にあった加工を考えられるようになるといいなぁと思っています。

レザークラフトだと、独学じゃなく、教室で教えてもらって詳しくなりたいなと思っています。勘違いもいっぱいあると思うので。

これらを達成したら自分の中で満足して作れるようになると思うんですけど、どれも時間とお金が必要なるし難しい~

そんなこんなで日々悶々としながらクラフトしてます。面白いですよレザークラフト!笑

 

また機会と時間があれば、こんな感じで出すものを作りたいです。